アトピー ダニ

↓アトピーの方でも安心して着ることができます↓

アトピーの原因はダニ?繁殖させない秘訣とは?

アトピー性皮膚炎の原因にはさまざまなものがありますが、
ダニも大きな原因の1つです。

 

アトピーとダニの関係を見ていきましょう!

 

ダニの繁殖しやすい環境を作らないことが重要

ダニにとって快適な環境は室温が10〜35℃
湿度は60〜80%と高温多湿で、
ほこりや食べ物のカス、ペットやヒトの垢や髪の毛を餌にしています。

 

これらのダニが好む環境をできるだけ作らない、
または減らすことがアトピーの改善の道の1つです。

 

まずは、ダイニングやリビング、それぞれの部屋がある場合はそこをしっかり掃除しましょう。
家具が多い場合は処分等したり、
キャスターを付けて動かしやすくすることで掃除をしやすくすることで負担が軽くなります。

 

じゅうたんなどは特に念入りに掃除をすることが必要ですが、
じゅうたんをやめてフローリングにするという方法もあります。

 

また、人の垢や髪の毛が付きやすい寝具も掃除・洗濯することが必要ですが、
防ダニ効果のある洗剤を選んだり、防ダニの布団やシーツ、
まくらカバーなどに交換することもいいでしょう。

 

他にも、エアコンのフィルターやカーテンなどにもほこりが付きますので、
定期的な掃除が必要です。
シーズンの変わり目にはクリーニングすることをおすすめします!

 

また、ダニが湿気を好むことから、雨の日などには除湿機を使ったり、
晴れている日は窓を開けて換気することも大事です。

 

換気の際には、普段閉め切りがちな押入れやタンスの引き出しなども開けて一緒に換気しましょう。

 

また、天日干しや布団乾燥機などで、畳、じゅうたん、寝具などから湿気を取り除くことも重要です。
寝具を天日干しした際には、叩いてダニの死骸を表面に浮かせ、
その後掃除機をかけるとなお良いとされています。

 

というのも、ダニの死がもアトピーを悪化させる原因となるのです。
むしろ、最近では、生きているダニより、死がいやフンの方がアレルギー症状が強く出る、
という報告もあるくらいです!

 

また、ペットを飼っている場合は、ペットのお手入れもちゃんとしてあげましょう。

 

これらの環境の整備は、アトピーを悪化させずに改善させていくだけでなく、
他のアレルギーの病気、例えばアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、
気管支喘息などと言った病気を防ぐことにもつながります。

 

きちんと対策をして、アトピーの改善に努めていきましょう。

 

アトピー,原因,ダニ超低刺激の綿100%の肌着下着専門店「クオーレアモーレ」

 

>>アトピー肌着通販サイトの紹介はこちら<<


ホーム RSS購読 サイトマップ