アトピー 病院

↓アトピーの方でも安心して着ることができます↓

アトピーは病院での治療はどんなことをするの?

アトピー 病院 治療

アトピーがひどくなってしまった・・・

 

そんな時は迷わず皮膚科へ行ってください。

 

アトピー性皮膚炎の病院での治療は大きく3本柱から成り立っています。

 

とはいえ、病院で行われるもののほかにも、医師から指導を受け、自分で行うものが大半です。

 

@丁寧なスキンケア

 

スキンケアの基本は、清潔な皮膚を保つための入浴、シャワー、
そしてそれらによって流されてしまった皮膚の保湿成分を補ってあげることです。

 

アトピーの肌は特に皮膚のバリア機能が弱まっているため、
より丁寧なスキンケアを心がけることが必要です。

 

軽い症状のアトピーであれば、これだけで改善も見込めます。

 

また、保湿薬にも市販のものから医師が処方するものまでさまざまなものがありますので、
医師や薬剤師と相談して自分に合った保湿薬を決めていくことが大切です。

 

A薬物治療

 

アトピーの皮膚の炎症を抑えるために、
外用薬として塗り薬が処方されることがあります。

 

有効性が確認されているのは、ステロイドタクロリムスといった薬です。

 

ステロイド外用薬の強さは5段階に分けられ、症状や炎症場所などを考慮し、
自分に合った強さのものを選択してもらうことが必要です。

 

ステロイドと聞いて不安になる方も多いかもしれませんが、
適切な強さの薬を適切に使用すればアトピーをコントロールできます。
医師に処方されたときに、塗り方や量、頻度、期間などをしっかり聞いておきましょう。

 

B悪化因子の検索

 

アトピーには生活の中や身の回りに症状を悪化させる原因がある場合があります。
この原因は患者さんによって異なります。

 

医師と相談しながら自分の悪化因子を探り、そ
れを避けるよう生活の中で工夫していくことでアトピーの悪化を防ぐことができます。

 

ちなみに、小児では食物や汗などが悪化因子となることが多く、
その後はハウスダストやダニ化粧品アクセサリーなどの装身具、
ストレス、細菌や真菌などが悪化因子となることが多いようです。

 

 

以上の3本柱がアトピー性皮膚炎の標準治療となりますが、
これでも改善しない場合があります。

 

その場合には、スキンケアの見直しや外用薬、
とくにステロイド外用薬の強さが適切かどうか、
他の感染症やアレルギーではないかなどを主治医に検討してもらうことが必要となります。

 

どちらにせよ、ひどいアトピーになってしまったら、
なかなか民間療法や自分で治すことは難しくなってきます。

 

早めに先生に診てもらうようにしてくださいね!

 

アトピー,病院,治療超低刺激の綿100%の肌着下着専門店「クオーレアモーレ」

 

>>アトピー肌着通販サイトの紹介はこちら<<


ホーム RSS購読 サイトマップ