アトピー 遺伝

↓アトピーの方でも安心して着ることができます↓

アトピーは遺伝?赤ちゃんに予防する方法はないの?

アトピー 遺伝

アトピーって遺伝するんでしょうか?

 

自分がアトピーだと、
生まれてくる子供もアトピー持ちじゃないかって心配になっちゃいますよね。。

 

自分がアトピーで辛い思いをしてきたのならなおさら、
我が子にはそんな辛い思いをして欲しくない!って思っちゃいますよね。

 

確かにアトピーが遺伝的要素が大きいと言われているのですが、
自分がアトピーなんだったら、赤ちゃんが肌が弱いかもしれないということを生まれる前から予想しておき、
きちんとした正しいケアをしてあげることにより、症状を最小限に抑えられるんです!

 

アトピーは遺伝しやすい

アトピー 遺伝

 

アトピー性皮膚炎はアレルギーによる病気です。

 

アレルギーとは、アレルギーを起こす何らかの物質(アレルゲン)を体内から排除しようと、
体の免疫が過剰に反応してしまうことです。

 

両親共にアレルギーの場合子供では約50%、
一方がアレルギーの場合30%
両親共にアレルギーではない場合10%程度

 

だという報告があります。

 

確かに、家族にアレルギーがあると、アレルギーになる確率は高いようですが、
アレルギーを起こす原因の遺伝子は1つではありませんので、
100%遺伝するわけではありません。

 

アトピーは「赤ちゃんの鼻や紙おむつが当たっているところにはできない」ということをご存知でしょうか。
これは、鼻では皮脂の分泌が多く、
おむつの中は水分が保たれてしっとりとしており乾燥しないためです。

 

赤ちゃんの肌は大人より薄いため乾燥しやすく、
乾燥した肌はバリア機能が弱まり、
外部からのほこりや細菌などが皮膚トラブルを起こしやすくなります。

 

お母さんのおなかの中にいた頃のことを考えてみましょう。
赤ちゃんは羊水の中にいるので、乾燥することはありません。
また肌トラブルを起こす元となる細菌や紫外線に触れる環境でもありません。

 

アトピーを防ぐためには、赤ちゃんの肌がお母さんのおなかの中にいた時と同じようにしてあげることが大切なのです。

 

アトピー肌の赤ちゃんのスキンケア方法

 

アトピー 遺伝 

 

赤ちゃんのスキンケアは、お母さんのお肌のお手入れと基本的には同じです。
まず汚れを落とし、しっかりと保湿をしてあげることが重要です。

 

赤ちゃんをお風呂に入れる際に、お湯を換えなかったり、
石鹸を使わなかったりしがちですが、
肌の汚れを落とすためには赤ちゃんの肌にも使えるやさしい石鹸で洗い、
弱めのシャワーで流してあげることが必要です。

 

また、水分を拭く際にごしごし拭くと、肌を傷つけてしまう原因になりますので気をつけましょう。
入浴後にはできるだけ早く、ベビーローションなどの保湿成分が入ったものをやさしく塗ってあげましょう。

 

こうしたスキンケアを行って、皮膚のバリア機能を保ってあげることで、
アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルから赤ちゃんを守ってあげることができます!

 

また、アトピーの赤ちゃんや、肌が弱い赤ちゃんには、
綿100%の、超刺激コットンでできた肌着やタオルを使うことをおすすめします。

 

ポリエステルが入っている服などは要注意ですよ!

 

⇒綿100%肌ケアコットンの赤ちゃんの肌着はこちら

 

 

>>アトピー肌着通販サイトの紹介はこちら<<


ホーム RSS購読 サイトマップ